Xジェンダーのための会員制サークル label X(ラベル・エックス)/MtXとFtX・Xジェンダー・GD(ジェンダー・ディスフォリア)・性別違和など

スタッフ紹介

label Xの運営を担って日々奮闘しているスタッフの皆さんをご紹介します。スタッフは随時募集中です。あなたもlabel XでXジェンダーの支援活動を体験してみませんか?
ご興味がある方はこちら

役員

label X 代表:藤原 和希(ふじわら かずき) / MtX・両性

【自己紹介】

神奈川県在住のサラリーマン(トイレタリー・化粧品開発職)です。ロックバンドが好きでライブに行ったりします。1983年生まれ。背が高くて細いので"もやし"と呼ばれていたことがあります。

【信条】

なんとかなる

【趣味・マイブーム】

音楽鑑賞、カラオケ、仕事

【Xジェンダーについてや社会への希望】

性別でもなんでも二元論が全てではないと思います

【会員へ向けてメッセージ】

会員の皆さんが楽しく生きていくお手伝いを少しでもできたらと思ってます!

【これから会員へなろうと思ってる人へメッセージ】

入会には入会金や本名の登録が必要なので少し敷居の高さを感じるかもしれませんが、その分Xジェンダーの人々のために様々な活動をこれからも続けていきますので、興味のある方はぜひご入会ください!

label X 代表補佐:呉﨑(くれさき) あかね / MtX・両性

【自己紹介】

普段仕事中はスーツにネクタイ姿なのに、女装すると見た目も精神的にもまるで別人になってしまいます。そんな私ですが、困ってる人を見つけるとほっとけないという感じで結婚までしてしまいました。ちなみに、妻はMtF(SRS・戸籍変更済み)です。

【信条】

ものごとを単純化しないことが大切だと思います。単純化を要求する姿勢からは、Xジェンダーに対する深い理解は決して生まれないからです。

【趣味・マイブーム】

休日に女装して妻と一緒にデートすること。2人でお茶したり、洋服を買ったり、映画を観たりします。

【Xジェンダーについてや社会への希望】

社会に対しては、もっと私たちの声に耳を傾けてほしい、と思っています。だからこそ、私たちも聴いてもらえるように、もっと声を上げていかなければいけません。それと同時に、自分がどんな性自認を持ち、どう接してほしいのか、を説明できるようにすることも大切です。

【会員へ向けてメッセージ】

私の妻はMtFです。私は妻と知り合うまで、MtFが大嫌いでした。でも、妻と一緒に生活する中で、考え方が変わりました。社会に対して求めることは違うけど、「性のマイノリティ」として協力し合うことが大切です。時間はかかるけど、理解しあうことはきっとできます。だって、「仲間」なんだから。

【これから会員へなろうと思ってる人へメッセージ】

性自認のあり方は一人ひとり違います。そんな多様な性自認を包み込んでくれるのが「Xジェンダー」というカテゴリーです。ここにはきっと「居場所」があります。あなたと出会えることを、私も楽しみにしています。

【主なメディア出演および取材】
  • 2017/12/15(金)放送 NHK総合 富山県内のみ放送 19:56-20:39
    「多様性一家」シリーズ3回目
  • 北陸中日新聞 取材「昨今の性的少数者に関する報道の現状について」他
  • 2017/10/22(日)放送 NHK総合 中部管内 13:05-13:48
    「日曜Tube:多様性一家が問う! ニンゲン界は今 幸せですか?」

label X 副代表(関西支部長と兼任):諏訪崎 龍(すわさき りゅう) / MtX, デミセクシュアル

【自己紹介】

副代表の諏訪崎 龍です。

大阪生まれ、大阪育ちの大阪府民です。(が、他地域の方からはなかなかそう認識してもらえません……)label Xでは主に、関西地域の統括とIT関係の業務を担当いたします。

『Xジェンダーって何?』(2016年発行)では両性のMtXとして紹介頂きましたが、「(性自認が)男性としても女性と中途半端」である自分をぴったり表現できる言葉がないことから、現在はノンバイナリーを称しています。

本業は、組み込み系のソフトウェア技術者です。過去にはデジカメ技術者をやっていたことも。

【信条】
  • 人を信じる
  • noblesse oblige
  • 戦いは最後の5分間にある
【趣味・マイブーム】

将棋 アマ三段

【Xジェンダーについてや社会への希望】

私たち人類は、人間は男性・女性のどちらかであることを前提とした社会的規範や制度を作り出してきました。大多数の人たちは、多少の不便さを感じることはあれ、そうした秩序を自然のままに受け入れて人生を送ることができています。なぜなら、自分が男性あるいは女性であることが、周りに空気があるように「そうであって当たり前」であって、生きていく上での障害にならないからです。

ところがXジェンダーは、根本的なところで性別に関わる感覚に違いがあるために、この「男性・女性」という枠組みでつまずいてしまいます。大多数の方々からすれば信じられないことかと思いますが、Xジェンダーというものが存在する、ということをまずは知って頂きたいと思っています。

label Xは、当事者同士の交流以外に、社会への情報発信という役割も担っています。Xジェンダーに関する取材や調査も随時承っておりますので、ご希望の方は事務局までお問い合わせください。

【会員へ向けてメッセージ】

label Xでは、講演会やオフ会、会員専用SNSといった、Xジェンダーの交流の場を提供しております。まずは、ご自分に合ったペースで活動をしてみてください。身体の違和感のこと、家族や社会の人間関係、恋愛やパートナーのこと、みなさんいろいろな悩みを抱えていますが、どこかで話が合うことが多いです。

もし生き方に迷ったら、会員の方の日記やブログを読んだり、声に耳を傾けてみてください。何かヒントがあるかもしれません。逆に、あなたの一言が他の方にとっての手助けになるかもしれません。

【これから会員へなろうと思ってる人へメッセージ】

label Xは、性自認が男性・女性のどちらでもない、男女いずれの世界にも居場所を見つけられない人のためにとって、ゆりかごのような存在でありたいと思います。自分がXジェンダーかどうか、まだよくわからないという方でも会員になれますし、Xジェンダー当事者でない会員もいます。ご興味を持たれた方は、ぜひいちど講演会やオフ会へ参加してみてください。

label Xの会員には、Xジェンダー当事者会員と、当事者以外であるサポート会員があります(自分が当事者会員か、サポート会員のどちらであるかを他の方々に知らせる義務はありません)。ですので、当事者会員として入会した後に、自分がXジェンダーではないと認識した場合であっても、会員として継続在籍することは可能です。大切なことは、ご自身がXジェンダーかどうかではなく、Xジェンダーをはじめとした会員のみなさんと楽しい時間や会話を共有できるかどうかだと思います。

【関西支部長として関西在住の当事者へメッセージ】

これまでXジェンダーのオフ会は東京都内で開催されることが多く、関西でXジェンダーの当事者同士がリアルに集う機会はほどんどありませんでした。そこで label X は2017年4月に関西支部を設立し、オフ会を中心とした活動を開始いたしました。会員・非会員問わず、関西のXジェンダー同士で楽しく交流できればと思います。

なお、Xジェンダーのオフ会・お茶会といったイベントの最新情報については、1か月~3週間前からTwitterなどで告知しております。label X の団体としての公式イベント以外に、個人または有志で主催しているオフ会・お茶会もございますので、参加を希望されている方はチェックしてみてください。

一般スタッフ(東京本部)

京(きょう) / FtX

まとまる / MtX

依里 / FtX

【自己紹介】

会社員です。
この度、団体のお仕事を少し任せていただくことになりました。
よろしくお願いします。

【信条】

公平(フェア)でありたいと思っています。

【趣味・マイブーム】

読書(BL、ミステリー、警察小説)
海外ドラマ(主にミステリー)
アート鑑賞。旅行。

三島 湊(みしま みなと)/ FtX・不定性

【自己紹介】

広報責任者から転職し、映像のディレクターをしてます。
(まだヒヨコで、制作業務担当の方が多いです。)
写真、文章、印刷系のお仕事をすることもあります。
音楽とお酒をこよなく愛しています。

共感覚があり、HSPの傾向もありますが、
なんとか楽しく生きてます。

【信条】
  • なすにまかせよ
  • 力を持つものはそれを行使する義務がある
【趣味・マイブーム】

映画、読書、音楽、創作、お酒など
なにか知識を得ることが好きです。
漫画を1日に100種類くらい読むことがあります。
プロ化するインディーズの目利きが上手です。

【Xジェンダーについてや社会への希望】

どちらにも属しきれない感覚は、実はどんな人にも普遍的にある感覚なのではないかと思います。「ふつう」という自分だけの目で見る世界から一歩踏み出して、衝撃を受けることが喜びとなる社会になっていったらいいなあと思っています。

【会員へ向けてメッセージ】

よければ、たくさんお話しましょう!

【これから会員へなろうと思ってる人へメッセージ】

私は連絡することすら、すごく勇気が必要でしたが、今は一人きりでいた時より、安定しています。そして、性自認も混沌としたものから徐々に自分の言葉、概念に落とし込めるようになってきたと思います。興味がありましたら、お気軽にいらしてください!

一般スタッフ(関西支部)

副支部長:津波 実(つは みさね) / FtMtX・両性

【自己紹介】

自分がFTMであると思い、過去にいろいろ経験してますが、今は中性として自分らしく生きています。年表にすると

  • 19歳 カウンセリング
  • 20歳 ホルモンを開始
  • 21歳 SRS
  • 22歳 女性と結婚
  • 26歳 男性として生きる自分にも違和感を感じる
  • 27歳 女装デビュー、ホルモン量調節開始。
    秋、妻が亡くなる
    MIXバーで数ヶ月勤務、数日ママになる
そんなこんなでなんだか騒がしく楽しく(?)生きてます。

【信条】

自分らしく生きること

【趣味・マイブーム】

仕事、料理、お出掛け、御朱印集め、カラオケ、プリクラ、カフェ巡り

【Xジェンダーについてや社会への希望】

社会やジェンダーじゃなく自身にも原因があったりします。まずはあなたの悩みを紐解いたり周りに理解者を作って自分の生きる道を自分で切り拓いていけるようサポートができたら、と考えています。

【会員へ向けてメッセージ】

ジェンダーのあり方は男と女だけではありません。女だから、男だから、性に合った生き方をしなくてはいけない異性装が好きだからホルモンをしなくてはいけない、手術をしなくてはいけない、そんなパターンにはまることはありません。自分らしく生きるをモットーに、あなたのお悩みなどにお力添えできたら、と考えています。

【これから会員へなろうと思ってる人へメッセージ】

自分らしく生きたいけれど、どうしていいかわからない方、まずは会員になってみてはいかがでしょうか?ネット情報や閉鎖的な考えで息苦しくなるより、まずは人と関わってみましょう(^_^) 様々な経験を積んだスタッフや他の会員様とやりとりをする中で自分らしい生き方を見つけられると思いますよ!

唐々松(ととまつ) / FtX・両性&全性愛

【自己紹介】

はじめまして、唐々松と申します。色んな意味で自由奔放に生きています。中学生のころからチャラ男と呼ばれていました。性自認に違和感を覚えたのは小学生以降です。身体的に違和感もあるけれど、社会的ジェンダーロールが受け入れられません。

司書と心理士と精神科ソーシャルワーカーの国家資格を持っています。資格をジェンダー関係に活かすことが目標です。よろしくお願いします。

【信条】

人類みな平等!

【趣味・マイブーム】

仮面ライダー、骨格標本、ガスマスク、廃墟、狐面が好きです。カメラも好きで、人の脚を撮ります。読書もアニメも映画も音楽も英語も抹茶もコーヒーもお茶もパズルもプラモもバイクも好きで、言い尽くせないのが残念・・・

【Xジェンダーについてや社会への希望】

どう足掻いても男女二元論の世の中です。いわゆるLGBTにも当てはまりません。性別の概念がないというだけで沢山の壁が存在し、度々その壁にぶち当たります。それでも自由に生きていけたらかっこいいなあと思います。性別欄に「その他」が当たり前に明記される日がきたら幸せ。

【会員へ向けてメッセージ】

Xについての情報が少ないのが現状です。有意義な情報を発信したり、当事者間交流のお手伝いをしたりと、加入していることに意義を感じていただけるような会を作っていきたいと思っています。

【これから会員へなろうと思ってる人へメッセージ】

会員制のサークルというと格式ばっていて加入しづらい印象を受けられるかもしれません。重苦しく捉えず、mixiやtwitter、facebookのような、インターネット交流のひとつのツールとして利用していただければと思います。

相談員(傾聴サービス&掲示板相談担当)

呉﨑(くれさき) あかね / 代表補佐と兼務

【性の悩み相談を希望する人へメッセージ】

私はアドバイスをするというより、とにかく話を「聴く」ことを大切にしています。あなたのことをもっと知りたいし、もっと訊きたいです。そのためには、私自身が心に壁を作らないことを心がけています。私とお話してみませんか?

丸山真由(しげ)/ FtX・不定性(男性寄り)

しげきち
【自己紹介】

妊娠を機に元々あった性別違和に気づき、Xジェンダーの言葉と出会って「生きている」という実感がわきました。

学生時代にジェンダー・セクシュアリティなどを学んだ後、会社員だった10年前にセクハラや性暴力などを体験し、最近ようやく過去のこととして人に話せるようになりました。

さまざまな体験から、現在子育ての傍ら、子育て世代の親御さんむけに多様な性のあり方を伝えるイベントなどを行っています。

普段は男性寄りの性自認ですが、ホルモンバランスで性自認が女性寄りにゆらぐ感覚もありました。心身の性が一致していないことは、自分にとっては自然です。

【信条】

性は人の数だけある。枠で人を見ない。自分を枠にはめない。

【趣味・マイブーム】

Xジェンダー関連の勉強会などに顔を出す
子育て世代に多様な性を伝える絵本読み聞かせ会
コンビニで美味しいチョコレートを探す

【Xジェンダーについてや社会への希望】

ジェンダー規範が苦しいと感じているシスジェンダーの人たちにとっても、Xジェンダーの存在は社会を変える力になると思います。大人も、子どもも自分の「生」と「性」を大切に、自然体で生きていける社会になることを願っています。

【会員へ向けてメッセージ】

まだあまり多くの方にお会いしたことがありませんが、交流会などでお会いできることを楽しみにしています!

【性の悩み相談を希望する人へメッセージ】

性別違和に気付いてから「自分は自分」と少しずつですが受け入れられるようになりました。

自分自身も、性的マイノリティ当事者の方に傾聴していただいた経験は、自己受容のきっかけや、大きな力になりました。

1人の当事者として、寄り添うことができれば嬉しく思っております。ぜひ安心してお話して頂ければと思います。

唐々松(ととまつ) / 関西スタッフと兼務

【性の悩み相談を希望する人へメッセージ】

性の悩みって繊細で誰にでも話せるものではないですよね。当事者でしか答えられないこともあると思います。そのために私たち相談員がいます。是非ご活用ください。

Page Top